キャッシュレス化が年々進んでいますね。

2018.11.16 Friday

0

     

    Wildberryがネット上でのクレジットカード決済を導入したのは

    確か2014年の秋の予約販売からだったような気がします。

     

    お客様から

    ネット上でカード決済できるようにしてほしいと

    直接お問い合わせがあったんです。

     

    それにお答えして、その次の予約販売からはクレジットカード決済ができるようにいたしました。

     

    それでも当時はまだまだクレジットカード決済のお客様の数、というか率がそんなに高くなかったように思います。

     

    でも少しずつ少しずつ、

    その比率は増えてゆき、

    今となっては口座間送金をご選択になるおお客様の方が

    圧倒的に少ないという状況です。

     

    少し前、一時期仮想通貨が世間の人たちの関心を大きく集めましたね。

     

    どこだったか忘れちゃいましたが外国では人の体にICチップを埋め込んで、

    そのチップをかざすだけで自動販売機からお店から

    全てのお店でのお買い物ができちゃう、というシステムを構築してて実験段階だったかもうすでに導入されたんだったか、

    そんな話を小耳に挟んだこともあります。

     

    Apple Watchの体内埋め込み式みたいな感じですかね。

     

    うちの犬たちの体にはマイクロチップが埋め込んでありますよ。

    関係ないですね。

     

    スーパーとかでも、

    ほんの数百円のお買い物をするのにでもクレジットカード決済をする人を

    とっても頻繁に見かけます。

     

    私自身もちょっとしたお買い物だったらnanacoとかパスモとか使っちゃいます。

     

    昔はお財布の中にお金が入っていて、

    それが少なくなってくるとなんとなく心もとなく感じてしまったものですがね。

     

    私は16年間経営者をやっているので、

    数字だけのお金のやりくりは多分得意です。

    収支のバランスを取るのが得意っていうのかな。

     

    でも、昭和生まれ昭和育ちのせいか、

    なんとな〜くやっぱり「現金」としてのお金がお財布に全然入っていないと

    心もとないというか漠然と不安というか、そういう感覚に襲われちゃいます。

     

    感覚が古いんでしょうね。

     

    と、

    なんとなく今のご時世の経済について思いを巡らしてみました。

     

    時代は移り変わり、

    我々昭和世代もそれに必死でついていかなくちゃですね。

     

    でも、

    全国の都市銀行の平均自己資金率が5%に満たないとか、

    そんな噂を耳にしちゃうと

    果たして「仮想(数字上だけ)のお金」だけを頼りにしすぎちゃって大丈夫かな?

    と、やっぱり思っちゃいます。

     

    災害時なんかは現金を持っている人しか対応できません、

    っていう状況になっちゃうこともあるだろうしね。

     

    その感覚がやっぱり古いのかな?

     

     

     

    先の話をすると鬼が笑うと言いますが。

     

    13日にアップした生地たちの出荷、

    第一弾は19日月曜日に出荷完了できそうな見通しになりましたよ。

     

    今回も沢山沢山のご注文をありがとうございました。

     

    第二弾もそんなにお待たせしないで出荷完了できそうです。

     

    もう少しお待ちくださいね。

     

    今見せびらかしている生地の写真は

    インスタには先日反物の状態でアップしたのですが

    出荷がひと段落したら次にご紹介する生地の一部です。

    相変わらず小川の好きそうなものばかりが入荷していますよ。

     

    詳細はまだまとめていないのですが

    日々次々と生地が入荷していますよ。

     

    運送屋さんにキレられないように

    日々少しずつ発注していますよ。

    最近は機嫌よく運んでくれているみたいです。

     

    でもいつまたキレられるかと、内心ヒヤヒヤしているんですよ。

     

     

    そういえば

    「最近オガワの着画が載らないなあ」とお思いの方、いらっしゃるかも。

     

    どうもすみません。

    実はオガワ、最近激太りしてしまいまして、

    恥ずかしくて自分の姿をネットに晒すことができないのです。

     

     

    。。。

     

    ウソです。

     

    冬物の反物はおデブさんが多いので、

    壁一面が反物で埋め尽くされていて

    着画を撮るスペースが無いんです。

     

    出荷準備で生地をカットしていると

    反物が見る見る細くなっていくので

    お姉さんと一緒に

    「痩せたね〜。あんなにおデブさんだったのにね。」なんてしみじみ話しているんですよ。

     

    19日の出荷が完了したら事務所内も少し隙間が空きますので、

    もう少々お待ちくださいね。

     

    最近随分と寒くなってきたので、

    服装も随分と様変わりしてきましたよ。

     

    冬は寒いから嫌いだけど、お洋服を沢山着れるので楽しいですね。


    Instagram

    自画自賛していますよ。

    2018.11.12 Monday

    0

       

      次回の新着の記事のプレビューではないんです。残念ながら。

       

      思わせぶりなことをしますね。

      ドS店主ですね。

       

       

      先日美容院で、

      担当のスタイリストさんとの雑談の中で、

      「辛いという感覚は、味覚ではなくて痛みらしいですよ。辛いものが好きな人はドMに違いない。」と

      結論づけられてしまいましたよ。

      かくいう私は事務所に「MY cayenne pepper(カイエンペッパーという赤い粉です)」を常備しているほどの辛いもの好きです。

      ということは私もドMなんですね。

       

      ドSでドMのWildberry店主オガワです。どうもみなさん御機嫌よう。

       

      画像はですね、

      もう品切れになってしまったのですが

      縮絨ウール天竺 チャコールグレー杢という生地ですよ。

       

      品切れになってしまって、少しだけ余裕分が出たので

      「しめしめ。」と思い、自分用のカットソーを作りましたよ。

       

      これはウールTシャツなんかどうかな?と思っていたのですが

      最近お気に入りのボートネックカットソーを作ってみましたよ。

      幅がすごく広いので、

      「超長袖」じゃなくて「長袖」だったら型入れできましたよ。

      裁断開始から仕上がりまで40分ぐらいでできましたよ。

      Wildberryのカットソーは簡単で良いですね。って相変わらずの手前味噌ですね。えへ。

       

      生地には裏目の方に「表」のマークが付いていたのですが、

      私は天竺目の方を表にして使いましたよ。

       

      Wildberry店主オガワの家にはチワワが二匹おりますため、

      表面が凸凹したりふわふわした生地の服を着ると毛だらけになってしまうのです。

       

      でね、久々に縫いものをいたしましたよ。

      実に夏以来でしょうかね?

      いやあ楽しかったですよ。

      やっぱり服を縫うのって楽しいですね。

      自分で作ったウールのカットソーを早速ホクホク顔で

      肌着のキャミソールの上から直接着用しましたよ。

       

      素肌に触れる部分が結構多いのですが、特にチクチクすることもなく、

      しかも縮絨加工も施されているので風もそんなに通さずに暖かいんですよね。

      自分でセレクトして自分でTシャツにしても大丈夫ってオススメしておきながらなんなんですが

      我ながら目利きだなあ〜と悦に入ってしまいましたよ。

       

      しかも、普通だったらお手入れが難しいとか面倒くさいからということで敬遠しがちなウールを

      直接肌に触れるカジュアルアイテムに仕立てて

      日常着としてガシガシ着用する。という事実。

      ちょっと贅沢だなと、非常に豊かな気分になりましたよ。

       

      ちなみに

      次の新着では可愛いウールの生地をご紹介するのですが、

      縮絨と圧縮の違いがわからない方多いかもしれませんね。

      縮絨はウールの加工方法の一種で、

      いわゆる原毛をフエルトにするために石けん水につけてモミモミするのと似た工程なのです。

      ウールの繊維同士が絡み合って、肌触りが良くなり、そして風を通しにくくなり保温性が上がるんですね。

       

      起毛してから縮絨する場合が多いですね。

      起毛具合によって繊維の絡みやすさが変わってきます。

      この絶妙かつ微妙な風合いの出し方は、

      ウール専用の仕上げ工場でも熟練の職人さんじゃないとなかなか難しいみたいですよ。

       

      圧縮はグラグラ煮え立った窯の中でウールのニット生地をグツグツと煮るんです。

      で、ギュウギュウに「これ以上縮めません」と生地が音を上げるまで縮めます。

      なので、圧縮ニットは生地幅が狭いものが多いんです。

      てかみんなどうしても生地幅が狭くなってしまいます。

       

      ちなみに、圧縮は私のイメージではニット生地をフエルトもしくはメルトンのような風合いにしたもの、

      というイメージですね。

      圧縮布帛って聞いたことないから、多分ニット生地に限ってそういうことをやるんだと思います。

       

      あとは特に縮絨加工を施さずに、

      普通に起毛しただけのウールもありますね。

       

      そうそう、細くて長くて柔らかい繊維の毛をできるだけ長く引っ張り出して毛羽立足せることをシャギーと言いますね。

       

      次回の新着でご紹介するウールたちには、

      それぞれの加工によって呼び方を変えておりますので

      予備知識として覚えておいていただけると幸いです。

       

      ちなみにフランネルとフラノは基本同じものです。

      出荷時にごちゃ混ぜにならないように呼び名を分けましたよ。

       

      私は布帛にはそんなに詳しくはないのですが、

      もう布帛を取り扱うようになって3年?4年ぐらい経つので、

      少しずつですがお勉強していこうと思いますよ。

       

      お金もらっている以上やっぱりプロだしね。

      「わかりませ〜ん」では済まされませんもんね。

       

      さて、最終チェックを済ませたら

      明日あたりに可愛いウールたちをご紹介できるかな?という状況ですよ。

       

      ご紹介までもう少しお待ちくださいね。


      Instagram

      フルハウスでしたよ。

      2018.11.09 Friday

      2

      いやいや、随分とご無沙汰してしまいましたよ。

      Wildberry店主オガワですよ。

      みなさまおひさしぶりでございます。

       

      そんなにWildberryの満16歳の誕生日を広くアピールしたったのか!

      実は自己主張が強いナルシストなんじゃないか?

       

      と、セルフネグレクトならぬセルフディスリスペクトをしてみましたよ。

      舌噛みそうですね。

      セルフディスリスペクト。

      噛まずに3回言えた人には飴ちゃんをあげます。

      次回ご注文の際に備考欄にご記入くださいね。

       

      実はWildberry店主オガワの自宅に一週間

      お客様をお迎えしていたのです。

       

      彼女は自分で稼げるようになりたいとの強い意志で

      わざわざ北海道は釧路から娘ちゃんを連れて

      Wildberryオガワなんかのへなちょこな経営手腕を学びにきてくれていましたよ。

       

      Wildberry店主オガワはこんな仕事をしているせいか

      いろんな人から起業したいとか、好きなことを商売にしたい、

      という相談を受けることが昔からよくあります。

       

      よく聞く文言で、

      「〇〇したいけどお金がないから」

      「〇〇したいけど時間がないから」

      「〇〇したいけど自信がないから」

      「〇〇したいけど学んだことないから」

      などがあります。

       

      私が若い頃に読んだパトリスジュリアンというフランス人のおじさんが書いた本に

      「「お金がない」を物事を始めない言い訳にしてはいけない。」

      という文言がありました。

      その文章を読んだ時、目からウロコが落ちたというか、正直ぶったまげました。

       

      え、普通お金がないと何事も始められないでしょう?

       

      と思いましたよ、当時の私も。

       

      パトリスジュリアンおじさんは

      一番大事なのはやりたいかどうか、自分自身の気持ちだ。

      と言っていました。

      「〇〇だからできない」という「言い訳」には、

      実は「面倒くさいな」とか「苦労したくないな」とか「怠けたいな」とか

      実はそういう自分自身の本心が入っているけど、それを自分自身がだらしないせいにしたくないから、

      もっともらしい理由として「お金がないから」を引っ張り出しているんだ。って

       

      そんなの屁理屈じゃん?

      と当時の私は思っていましたよ。

       

      パースを描く会社で師匠の弟子として働いていて超絶貧乏だった私は

      とにかく毎日お腹がペコペコで、ひもじくてみすぼらしくて自分はなんて惨めなんだろう?と思っていました。

       

      友達に飲みに誘われたってカラオケに誘われたって

      そんなお金も時間もどこにもないから、

      友達とも疎遠になって寂しい毎日でした。

       

      お金さえあればこんな惨めな思いをしないで済むのに。

      と本気で思っていました。

       

      じゃあやめてもっとお給料の良い会社に転職すれば良いじゃん。

      と今時の若者だったらそう思うでしょうか。

      私もそう考えていました。

       

      で、同業他社からの引き抜きの話が来た時に、

      ホイホイと喜んで面接に行きました。

      お給料も私の希望通り

      「同世代のOLさんがもらっている平均的な金額」を出してくれるという話でした。

      しかも残業も当時いた会社よりも随分と少なそうでした。

      土日も休みだし、年末年始もGWもお盆休みもちゃんとあるとのことでした。

       

      それは即転職を決定しても良いくらい良い条件ですよね。

      てか、どんだけブラックな会社で働いてたの?って話ですね。

       

      で、私はその会社を数日間考えた上でやっぱり断りました。

       

      なぜかというと、

      私の直接の上司になる人が

      当時のボスよりも絵が上手くなかったから。

       

      その時に初めて

      「私はお金が欲しくてこの仕事をしているんじゃないんだな。」と感じました。

      お金さえあれば惨めさやひもじさから解放されてハッピーになるはず。と思っていたはずなのに、

      本当の心の奥底では

      ブラックでも当時の会社の社長の画力と技術力をものすごく尊敬していたんですね。

      そしてもっと掘り下げてみると、

      いつまでも新しい技術を教えてくれない状況に対して

      「自分は認められていない」と感じていたのでしょうね。

      当時の私は「お金がなくて惨め」だったんじゃなくて

      「認められたいのに認めてもらえなくて惨め」だったみたいです。

       

      でも後日談で、

      私は当時十分ボスには認められていたみたいです。

      担当していた役割の作業が上手くなりすぎて

      「君ほど正確に早く作業をやれる子を今まで何十年とこの仕事をしてきたけど見たことがないよ。」

      とすごく後になって聞かされました。

       

      あの頃があったから

      お給料日から次のお給料日までお金をやりくりして工夫することや、

      自炊して少しでもお金をかけずに少しでも美味しいものを作る努力をすることや、

      「持ってない、買えない。なら作ろう。」という今のモノづくり精神を覚えたのかもしれないなあ。

      と思いますよ。

       

      リサイクルショップで500円ぐらいで売っていた

      古い椅子を持ち帰って

      座面を張り替えたり自分でペイントしたりして工夫して

      貧しい中でできるだけ豊かに暮らそうと

      精一杯努力していましたし、

      後々振り返って思い出してみると

      あの超絶貧乏だった時代、私は確かに自分の生活をものすごく楽しんでいました。

       

      お金がなくても「価値を作り出す」ことはできますよね。

      自分でリメイクしたものが人に気に入られて「売ってくれ」と言われることもありました。

       

      Wildberryは主婦のお小遣い1万円一万円から始めたお店なのですよ。

      それから、

      爪に火をともすように少しずつ少しずつ資本を増やしていって、

      今は楽々とまではいかなくてもまあまあ暮らせています。

       

      具体的に商売を軌道に乗せるために何どうしたかを教えても、多分違のかもしれませんね。

      商売というか、商売も含めて「生き方」というか、「ありよう」というか「マインド」というか。

      大事なのはそういうものなのかなあ。

      と思う今日この頃のWildberry店主オガワですよ。

       

       


      Instagram

      お誕生日ですよ。

      2018.11.01 Thursday

      0

        今日はWildberryの16回目のお誕生日です。

         

        16年間もよく続けられたもんだなと我ながら感心してしまいましたよ。

         

        出荷準備の作業をしているときにふと思い出しましたよ。

        「あれ?今日ってWildberryの誕生日だ!」と。

        そしてお姉さんと一緒に昔を振り返りしみじみと懐かしみましたよ。

         

        お姉さんは2007年ごろからのお得意さんなんです。元々は。

        てか、お店のブログでしか募集をかけていないので、

        スタッフになってくれる人はWildberryのお客さんである確率の方が圧倒的に高いですね(笑)

         

        こんな気まぐれでいい加減な店主がやっているお店ですが

        これからも末長くご愛顧いただけましたら幸いです。

        どうぞよろしくお願いします。

         

         

        ところで私ごとですが、

        昨日、お芝居を観て来ましたよ。

         

        題名は「黴」という、なんとも斬新なタイトルですね。

        奥山美代子さんという私の好きな女優さんが出演しているのですが、

        その人が出演するお芝居はどれもとても面白くてハズレなしなんです。

         

        私よりも少しだけお姉さんの女優さんなのですが、

        すごく華奢で色白で顔が小さくて子リス系美人です。

        でも舞台の上ではエネルギッシュで大きく見えるんですよね。

        そのギャップがカッコいいんですよね。

         

        今回のお芝居は始まりから斬新で、

        グイグイとお話に引き込まれて、

        気がついたらハラハラしていたりドキドキしていたりザワザワしたり、

        で、気がついたらもうエンディングだった。

        という感じでしたよ。

        しかも最後の最後に「えっ?」となる展開。

        最後も斬新でした。

         

        テーマは家族の絆もしくは呪縛、そして人間のエゴや愚かさ、弱さでしょうかね。

         

        昨日が初日で只今絶賛上演中なので、

        ネタバレはできませんが、

        まあ〜スッごく面白かったです。

         

        エンターテイメントって

        お腹がいっぱいになるわけじゃないし持ち物や資産が増えるわけでもないけど、

        良いですね。

         

        別の世界にいっとき入り込んで疑似体験ができるというか。

        映画もそうですが、

        目の前で人が一体となって表現しているものを直接見ることができる演劇って

        独特の面白さがあって好きです。

         

        完全にハマっていますね(笑)。

         

        人を楽しませるお仕事って素敵だなと思います。

        そんなわけで、次回作も楽しみですよ。


        Instagram

        PTAでしたよ

        2018.10.29 Monday

        0

          三日間、

          PTAのお仕事を頑張ってきましたよ。

           

          そして燃え尽きてしまいましたよ。

          最終日は疲れ過ぎて食事をとることが出来ませんでしたよ。

           

          今回で私の与えられた役割は全て終わったので、

          晴れて一般人に戻れましたよ。

           

          PTAといえばなんというか仕切りたがり屋のちょっとヒステリックな人がいるイメージですが、

          私は人に恵まれましたよ。

          同じ役職を担う役員の方達はすごくおおらかで心優しい人たちばかりで、

          私の苦手な部分や手が回らない部分などを

          進んでフォローしてくれましたよ。

           

          大役をつつがなくこなすことができたのは

          同じ役職を担うメンバーの方達の協力があってこそだなと思いましたよ。

           

           

          お休みをいただいていた3日間の間にも

          とってもたくさんのご注文を頂き、誠にありがとうございました。

           

          本日より出荷準備を始めました。

          お姉さんと一緒に一生懸命生地のカットをしましたが

          終わりませんでしたよ。

           

          昨日あんなに疲れていたので、

          今日は体が動かないかな?と思いましたが、

          案外シャキシャキと動くことが出来て快適に仕事ができましたよ。

          術後の回復が進んでいる証拠でしょうね。

          なんて言って、明日どかーんと疲労感に苛まれたりしてね(笑)

           

          筋肉痛が数日後に来るのはもうとっくにですが

          とうとう疲労感まで数日後に来るようになったのかも知れませんね。

          経年劣化って怖いですね(笑)。

           

           


          Instagram

          明日はPTAですよ。

          2018.10.25 Thursday

          0

             

            あっ。

            生地が少しだけ写っちゃってる!

             

            今日から出荷分の60/2ギャバですよ。

            あまりにもいい生地なのでかなり多めに発注したのですが、

            ブラックがあっという間に売り切れてしまいましたね。

             

            60/2ギャバが入荷した時、

            全部で12反ぐらいいっぺんに入荷したのですが、

            ギャバはすごく高密度で重い生地なので、

            運送屋さんの息がものすごく切れていました。

             

            そして今日もまた可愛い生地たちが入荷したのですが、

            全部で8反。

            運送屋さんにキレられましたよ。

             

            最近のWildberryの物量は入荷も出荷もものすごい勢いなので、

            クロネコヤマト宅急便のドライバーさんも昼間に一度荷物を

            「できてる分だけ抜いて行きます。」と言って集荷してくれます。

             

            皆さんのご協力のおかげでWildberryは成り立っていますね。

            ありがとうございます。

            運送屋さん、怒らないでね。

             

            で、

            今日のWildberry店主オガワは

            先日高円寺で購入したチェックのロングシャツの中に

            変哲Tを合わせてきましたよ。

            ボトムは言わずと知れたぱたぱたスカートです。

             

            インディビジュアライズドシャツは本当に着心地が良くて、

            作業していても動きが全く妨げられないので、

            本当に好きです。

             

            ちなみにインディビジュアリストって「透明人間」という意味なので、

            インディビジュアライズドシャツ、はいわば「透明なシャツ」という意味でしょうかね。

            着てるという感覚すら忘れてしまうぐらいに動きやすいです。

            べた褒めです。

             

             

            大阪でテキスタイルメーカーを手伝いながらWildberryをやっていた頃は

            自分の服装を自撮りして公開なんてやっていなかったので

            比較のしようがないのですが、

            実はその頃はアメカジが好きで得意でした。

             

            最近高円寺へ足しげく通うようになったせいか、

            また服の組み合わせ方がアメカジっぽくなっているような気がしないでもないですね。

             

            10/23の新着にはたくさんのご注文をいただき、誠にありがとうございます。

            あんまりお待たせしたくないし、

            金曜日出荷お休みしちゃうし、

            なので、インフォメーションなしのゲリラ新着でした。

            種類も少ないしね。

             

            金曜日はなんでお休みするのかと言いますと、

            大役を仰せつかった

            「娘の高校の文化祭」の前日準備があるからなのですよ。

            PTA主催の「お茶飲み処」の総責任者です。

            荷が重い〜。

             

            でもね、メインスタッフになって一緒に打ち合わせや準備をしてくれた人たちが、

            ものすごくしっかり者だったり責任感が強かったり、

            すごくきめ細やかだったり

            そしてどっしりと構えていてみんなを元気にしてくれるようなキャラの人だったり

            すごく協力的で

            ものすごく助けられています。

             

            なので、前日準備、当日の二日間

            頑張ろうと思いますよ〜。

            私は土日の二日間は茶沸かし係として完全に裏方に徹します。

             

            まあ、雅叙園の婚礼の裏方を手伝うよりは大変じゃないだろう。

            と思っていますよ。

            なぜ雅叙園かっていうと

            どうしても人員が足りないということで

            2回だけ裏方専門で婚礼のお手伝いに入ったことがあるんです。

            とても格式の高いホテルなので、

            緊張しすぎて最初から最後まで手がガタガタと震えていましたよ。二回とも。

            ノミの心臓ですね。

            でも本当に「自分なんかに務まるんだろうか?」と

            心配で不安でガクブルでしたよ。

             

            あ、話が逸れましたね。

             

            そんなわけで、金土日は「PTAのオガワさん」になって頑張って来ますよ。

             

            10/26、27は自宅近所の阿佐ヶ谷のジャズフェスティバルなんです。

            毎年プロのジャズバンドの演奏が無料で聴けるとても素敵なイベントなのですが、

            今年は私は参戦できません。

            朝早くから茶沸かし係だからね〜。

            で、こんなタイミングに、今年はなななんと山下洋輔が阿佐ヶ谷にくるのだそうです。

            山下洋輔のピアノを生でしかも無料で聴けるなんて。

            で、そんな素敵な日に観に行けないなんて。

            つくづく今年の私は引きが強いなと思いますよ。

             

            ピンポイントすぎる。。。

             

             

             


            Instagram

            靴が壊れましたよ。

            2018.10.22 Monday

            0

               

              今日は市販のロングシャツをコートっぽく羽織って

              中には変哲T、下にはエッグパンツを合わせて来ましたよ。

               

              自分の着画写真を確認するたびに

              「病み上がり感がまだ抜けないなあ。。。」と苦笑いをしていますよ。

              だから、顔隠しちゃう。

               

              まあ病み上がり感は徐々に抜けるでしょう。

               

               

              先週の金曜日

              朝、出勤しようと家を出て

              地下鉄の駅の間近まで来たところで

              お気に入りのサボのバックバンドがプチっという音を立てて

              外れました。

              かかとも限界でしたが、金具も限界を迎えたようです。

               

              ああ。。。

              とうとうその時がやって来たか。

               

              限界だ、限界だと言いながらもずっとだましだまし履いていたのですが

              もう完全に諦めないといけないところまで来てしまったようです。

               

              でもね、私好みの靴を売っているお店を

              私はまだ見つけることができていませんでした。

              大好きだった「SAYA」も今期のラインナップは触手を動かされません。

               

              困ったなあ、困ったなあ。

              なんかこう、心細い気持ちで途方に暮れていました。

               

              困った時の高円寺頼み(高円寺は神か?)

              ということで日曜日はお散歩がてら高円寺へ行って来ましたよ。(どんだけ高円寺好きなんだよ)

              いいお天気で暑くも寒くもない

              まさに散歩日和でしたよ。

               

              高円寺は歩くたびに新しい発見があって本当に面白いし飽きない街です。

              お気に入りの古着屋さんも数多くあるのですが、

              「あれ、こんなところにこんな雰囲気のいいお店があったのか」と思うことも多く

              本当に楽しいです。

               

              そんな感じでフラッと立ち寄った古着屋さんで

              「あっこれ好きだな」と一瞬で目を奪われる出会いをしましたよ。靴と。

               

              マッキーも「一歩一会」という歌の中で言ってますね。

              「歩いた分だけ出会う 歩いた分だけ見つかる」って。

               

              そんなわけで今日は早速新しい(古いけど)靴を履いて意気揚々と出勤して来ましたよ。

              おそらく二度と同じものは手に入らないと思うので、

              大事に履こうと思いますよ。

               

              画像が暗くてどんな靴かわかりませんね。

              革の少しよれた感じが私好みの、

              甲の高めのサボですよ。

              かかとがゴツくてそこも私好みです。

               

              流行っているから、とかブランドものだから、とか

              そういう理由じゃなく、

              本当に自分のお気に入り物を見つけることができた時って

              本当に嬉しいですね。

              それの値段が高かろうが安かろうが、

              自分にとっての価値は最上級です。

               

              たかが靴一つでこんなに上機嫌になれるものなのか、

              自分でも「単純だな」と呆れてしまいますよ。

               

              やっぱり高円寺、好きだな〜。


              Instagram

              出荷が追いつきましたよ。

              2018.10.19 Friday

              0

                忙しく感じます。

                 

                まだまだポテンシャルが低いんでしょうね。

                病み上がりだしね。

                 

                あ、実際に忙しいっちゃあ忙しいか。

                 

                退院後初めて事務所に行った時、

                いつものセブンイレブンの、仲良しの店員さんが

                「あれ?久しぶりじゃない?どうしたのかな〜って心配してたんですよ。」と声をかけてくれましたので

                「腸閉塞で入院してましたよ。」と答えましたら

                「あれっ!僕もここに入ってすぐの時に腸閉塞になったんですよ〜!イレウスですよね?」と言われまして

                それ以来「イレウス仲間」が出来たWildberry店主オガワです。みなさんこんにちは。

                今朝は肌寒かったですね。

                 

                本日の出荷分をもちまして、

                出荷が受注に追いつきましたよ。

                 

                よかったよかったです。

                 

                お待たせしてしまって申し訳ありませんでした。

                 

                 

                9日に術後初出勤だったのですが、

                今日で復帰してから丁度今日で10日になります。

                 

                1日のお仕事が終わって帰宅する頃にはやっぱりクタクタな感じはするのですが、

                随分と動けるようになりましたよ。

                確実に回復していますね。

                 

                10月2日に退院してきて、

                一週間自宅療養をして仕事復帰したので、

                退院からは半月以上経っていることになりますね。

                傷の完治までは3ヶ月はかかるらしいので、

                まだ6分の1か。

                気長にいきます。

                 

                明日は血液内科を受診しますよ。

                どんな風に言われるんでしょうかね?

                 

                自宅から歩いて行ける場所にある総合病院なので、

                なんとなく気が楽です。

                散歩がてら、という感じで行ってこようと思いますよ。

                 

                週明けからはまた新しい生地のご紹介準備を開始しようかな?

                と思っておりますよ。

                あんまり無理しないように品数は少なめに、ちょこちょこご紹介する形になってしまうかと思いますが

                まだまだ可愛い子が待ち構えていますので

                楽しみにしていてくださいね〜。

                 


                Instagram

                交通事故のようなこともありますね。

                2018.10.18 Thursday

                0

                   

                  お気付きですか?

                  壁面を埋め尽くしていた反物が消えています(笑)。

                   

                  今日はATエッグパンツを合わせてきましたよ。

                  上着を着た方がいいのかな?とも思ったのですが、

                  朝家を出るときに寒さを感じなかったのでそのまま出て来てしまいましたよ。

                   

                  肩からかけられない意地悪なカバンは相変わらず私の好みのど真ん中なので、

                  毎日機嫌よく持ち歩いていますよ。

                   

                  ただ今日は少し貧血が強いような気がしましたよ。

                  なんだか頭がクラクラしてシャキシャキ動けないような気がしていました。

                  仕事を始めたら治りましたが。

                   

                  性格は血の気が多いくせに、

                  体は血が足りないんですね。

                   

                  今日は怒涛の出荷をお姉さんと一緒に行いましたよ。

                  壁面を埋め尽くしていた生地たちは、全国へと旅立って行きましたよ。

                   

                  事前に「18日はすごくたくさん出ます」とお知らせしておいたので

                  ヤマト運輸のドライバーさんも昼ごろから何度かに分けて集荷にきてくれてましたよ。

                   

                  16日以降にご入金確認メールを送らせていただいたお客様への出荷を、

                  明日か週明けの月曜日にできるようにと思って準備を開始したのですが

                  コンパクトツイルの新しく開けた反がなんとまさかのC反表示になっていましたよ。

                   

                  仕入れ先に相談しましたら

                  すぐに良品と交換してくれると言ってくれましたよ。

                   

                  そういうときに、すぐに非常に誠実な対応をしてくれる

                  本当に仕事のできる社長さんです。

                  なので、何か不具合があったときでも安心して報告できます。

                   

                  交換してくれる反物はあいにく今は手元にないらしく

                  月曜日に発送してくれるそうなので火曜日にWildberryに到着します。

                   

                  到着次第すぐに品質をチェックして、

                  コンパクトツイルをご注文のお客様にお送りいたします。

                  先ほど、「出荷日について」という題名のメールを

                  コンパクトツイルをご注文のお客様にはお送りしましたので、

                  どうぞご確認くださいね。

                   

                  とってもいい生地で

                  私自身すごく好きな生地なので

                  まだ在庫があって交換してもらえて良かったです。

                   

                  ついでに色違いも紹介してくれるそうなので、

                  それも合わせて楽しみです。

                  もうすぐ双糸チノクロスがなくなってしまいそうで

                  それに代わるものが必要だなと思っていたところなので、

                  このコンパクトツイル(別名綿バーバリーと呼びます)の色違いがどんなものなのか

                  楽しみですよ。

                   

                  今は商品を表示しないようにしていますが

                  交換分が届いたらまた表示してご紹介しますので、

                  もう少しお待ちくださいね。

                   

                  たまにはこんなトラブルもありますね。

                  交通事故のようなものですね。

                  できれば生地のトラブルには遭遇したくないんですけどね。

                   

                  生地にトラブルがあると気持ちが凹んで生地屋を辞めたくなってしまうので。。。

                   


                  Instagram

                  涼しくなって来ましたね。

                  2018.10.16 Tuesday

                  2

                   

                  最近やさぐれ色の服が好きなWildberry店主オガワです。

                  悪い霊にでも取り憑かれているのかしらん?

                   

                  今日はショートジャケットを上に羽織って来ましたよ。

                  中に着ているのはいつかのサンプル品の吊裏毛のトレーナーです。

                  スカートはぱたぱたスカートですね。

                  74cm丈のパターンで、裾を折り返さずに1cm幅で三つ折りにしたらもう少しだけ丈が伸びました。

                  トレーナーにジャケットを合わせても暑くないなんて、

                  知らないうちに随分と涼しくなって来ましたね。

                   

                  先日うねうねの髪の毛をなんとか黙らせようと思って縮毛強制をしたのですが

                  ダメージが強くなってしまってますますまとまらない感じになってしまいましたよ。

                  髪の毛ボサボサで怪しげなおばさんですね。

                   

                  髪の毛はやっぱりくくったほうがいいかもしれませんねえ。

                   

                  基本的に髪の毛はまとめる方が好きなので、

                  そんなに短い髪型にすることはあまりありません。

                  だからと言って伸ばしているわけでもないんですがね。

                   

                  通勤の時はほぼ音楽を聴いています。

                  今使っているヘッドフォンは2代目マーシャルです。

                  前のは茶色

                  今度のは黒です。

                  で、新しいヘッドフォンはBluetoothなので

                  荷物に引っかかったり絡まったりしなくて扱いが楽です。

                   

                  好きなものが変わらないものでね、

                  買い直す時でも同じものを買ってしまうことがあります。

                  マーシャルのヘッドフォンはなんだかレトロな感じのデザインなので好きです。

                  私は機能よりも見た目でモノを選ぶ傾向が非常に強いです。

                   

                  先日、今使っている冷蔵庫がちょっと容量が足りなく感じ、

                  もう一回り大きいものに買い換えようかな?と思って家電量販店へ行ったのですが

                  デザインが非常に私好みの冷蔵庫を見つけてしまいましてですね

                  「あ〜これが良い!これにしよう!」とその冷蔵庫に抱きついたのですが

                  困ったことにその冷蔵庫、今ウチで使っているものと同じ容量だったんです。

                   

                  これじゃあ買い換える意味がないよ。

                  ということになり、結局買い替えは断念しましたよ。

                   

                  だって他の冷蔵庫は可愛いって思えなかったんですもの。

                  せっかくお金を出して買うのに、好きでもないものを妥協して買いたくなんてないですよね。

                   

                  代わりに頻繁に買い物に行き、

                  あんまり買い溜めはしないように心がけておりますよ。

                   

                  地下鉄駅から自宅までの途中に

                  「ミニピアゴ」という小さな小さなスーパーがあります。

                   

                  本当に小さなスーパーで、

                  「こんなところじゃあまともな買い物ができないよ」

                  と思ってしまいそうなのですが

                  そこの品揃えがなかなかのものなんです。

                   

                  例えばお豆腐一つとっても

                  普通のお豆腐と、

                  有名どころじゃないメーカーだけど確かに美味しい

                  ちょっとだけプレミアムなお豆腐とが揃っている。とか、

                   

                  大豆も、よく見かける普通の大豆の水煮の隣には

                  蒸し大豆が並んでいたりします。

                  大豆の水煮は大豆の味が流れ出ちゃっててあんまり美味しくないんですが

                  蒸し大豆は大豆の旨味が逃げないので美味しいんです。

                   

                  たまには明太子でも買いましょうかと買ってみると

                  かねふくの旨辛ソースが添付された明太子だったとか

                  いちいちちょっとずつ気が利いているんですよね。

                   

                  店舗面積はとても狭いのに、

                  「不足感」をあまり感じずに日々のお買い物ができちゃうんです。

                  これはお店の努力の賜物なんでしょうね。

                  バイヤーさんを尊敬します。

                   

                  品揃えさえたくさん揃えればお客さんがたくさん来てくれる、とか

                  値段が安ければ売れる、とは限らないんでしょうね。

                  私のように地下鉄から家までの間による人が多く

                  お店の中はお勤め帰りっぽい感じのお客さんがひっきりなしに出入りしています。

                   

                  お客さんがひっきりなしということは商品の回転率がいいから、

                  食材もいつも新鮮なんですよね。

                  店員さんはいつも商品管理しています。

                  少しでも古いものはすぐに値引きシールを貼るし

                  少なくなった棚はすぐに商品が補充されます。

                   

                  こういうお店、いいなあと思います。

                   

                  あっ!

                   

                  私もこまめに自分のお店の商品管理をするように心がけなくては!

                   

                  私は元々は週末とかに市場みたいなお店でどかっと食材を買って

                  それを細々とやりくりしながら献立を組み立てて食べていくという方式だったので、

                  スーパーはあんまり利用することがありませんでした。

                   

                  なので一般食料品や調味料がね、どの辺に何があるのかがわからずに

                  一つの調味料を探して30分以上スーパー内を

                  イライラしながらうろちょろするということがざらにあって

                  なので、スーパーが苦手だったんです。

                   

                  擦りこみですね。

                  「スーパー=イライラ」という感情が直結してしまっていました。

                   

                  で、イライラしたくないから、

                  一般食料品や調味料はなんとネットで手配するという強引で雑なやり方をしていました。

                  いけませんね。

                  ちゃんと地域のお店にお金を落とさないと地域の経済は発展しませんよね。

                  と、口で偉そうに言っておきながらこの体たらくね。

                  人間って矛盾だらけで自分都合ですね。

                   

                  でもこの帰り道のミニピアゴだけは

                  私でも億劫じゃなく気軽に入れるスーパーになりましたよ。

                   

                  これで冷蔵庫を無理に買い換えなくてもよくなったし、

                  スーパー嫌いも克服できそうだし、

                  めでたしめでたし。ですね。

                   

                  今日は脈略のない雑談になってしまいましたね。

                  そんな日もありますね。


                  Instagram