バッグ再入荷したけど直ぐに品切れになってしまいましたよ

2017.12.21 Thursday

0

     

    画像の使い回しですみません。

    起毛迷彩トートバッグが再入荷してきましたよ。

     

    実はメーカーの在庫すべて買い占めてしまったような状況だったんです。

    再入荷しますか?とのお問い合わせをたくさん頂いていたのですが、

    どうしましょ?とヘドモドしていたのです。

     

    でも、メーカーさんの対応が早くてすぐに在庫確認してくれましたよ。

     

    12/21 12:37追記

    品切れになってしまいました。

    次回再入荷時期は未定です。(メーカー廃盤かも)

     

     

    自分用にも一つ欲しいなと思っていたのですが

    なにを思ったのか在庫数量全部カートにいれてしまい、

    あっという間にソールドアウトになってしまい

    しかもメーカー在庫切れとなってしまい

    「わあぁぁ〜どうしよう?どうしよう?」と

    やはりヘドモドしていたのです。

     

     

    縦横とマチのバランス

    本体の大きさと持ち手のバランス

    肩紐のバランス

    そして持った時の人とカバンの大きさのバランス

    全部がなんとなくいい感じで好きです。

     

    元々ちょっとだけ大きなバッグが好きなので、

    このバッグは私のツボでした。

     

    ちょっと使い古したようなクタクタ感も好きです。

     

    え〜

    商用利用についてのお問合せを頂いていましたので、

    こちらでお返事させて頂きますね。

     

    同じような疑問をお持ちの方も

    ご参考にして頂けましたら幸いです。

     

    まず、

    Wildberryのパターンを使ったお洋服の販売に関して

    「個人レベルでの売買にかぎりOK」と表記させていただいております。

    これは

    creemaでもMinnでもヤフオクでもメルカリでもイベント出店でも実店舗の委託販売でも同じです。

    ご自身の手で縫って、その作品をご自身で販売される分にはかまいません。

    ただ、縫製工場にいれて量産する、とか

    内職さんを雇ってその人に縫製してもらうとか

    組織的な商いになって来たら

    それはビジネスになってしまい、個人レベルではなくなってしまいますので

    そこはちょっとご相談して頂きたいという風になります。

     

    それから、

    Wildberryのオリジナルネームですが、

    こちらも商用利用していただいてかまいません。

    上記の範囲内の商用であれば。

     

    で、ですね。

    Wildberryのオリジナルネームをお洋服につけるという事は

    Wildberryを知らない人がWildberryを知るきっかけを与えてしまうという事になります。

    たとえば、

    Wildberryの生地でもなく

    Wildberryのパターンでも無いお洋服に

    Wildberryのネームを付けてしまうと

    使用生地の販売元の生地屋さん

    若しくはパターン屋さんの心象はどうかなあ?

    余計な心配をしてしまいます。

    小心者なので。

     

    私の懸念はその辺です。

    そこまでは厳密に言わんでも〜とお思いの方も多いかも知れません。

     

    あとはご自身の判断でお使い頂けましたら幸いです。

     

    細かい事に小うるさい店主ですが

    ノミの心臓ということでどうかご容赦いただけましたら幸いです。


    Instagram

    出火したら出荷できなくなっちゃう!

    2017.12.19 Tuesday

    0

      新しい商品にたくさんのご注文を頂き、誠にありがとうございます。

       

      すでにご入金確認メールを送信させていただいている18日ご注文のお客様は

      21日もしくは22日に出荷予定で準備を進めさせて頂きますね。

       

      19日ご注文もしくは18日ご注文で今日の午後以降にご入金確認メールをお送りするお客様は

      22日もしくは週明け25日に出荷させて頂きます。

       

      お急ぎのところ大変申し訳ありませんが

      出荷完了まで今少しお待ちくださいね。

       

       

      今日は、新しいパターンのラグランビッグスエットの丸首バージョンを着てきましたよ。

      着用画像で、首回りがわかりやすく写っているものが一枚もなかったので慌てて着てきました(笑)

       

      全く困った店主ですな。

       

      ところで、Macのバージョンが新しくなったのですが

      日本語変換が使いにくくなってしまいました。

      変な感じで予測変換が出てくるので、

      打ち込むのにとても時間がかかるようになったのと、

      誤字がとても多くなってしまいました。

      前のバージョンの方が使いやすかったな〜。

      なんか、予測変換がお節介すぎて手間取りヘドモドしちゃいます。

       

      トップページのインフォメーションも出荷の事を出火って変換してしまい、

      お姉さんに「出火したら出荷ができなくなっちゃうよ!」と注意をされてしまいましたよ。

      面白いのでしばらくそのままにしていたのですが

      やっぱり見苦しいので直しました(笑)。

       

       

      今日は、丸首のスエットと、シンプルにエッグパンツを合わせて来ましたよ。

      最近自分で縫っていないので、全然組み合わせのレパートリーが増えませんね。スミマセン。

       

      でも個人的にはこういう「肩肘張らない素っ気ない組み合わせ」が結構好きです。

      歳のせいですかね(笑)

      あんまり頑張れなくなって来ています。最近。

       

      もともと肌が弱くてお化粧もしないし、

      自分に対するケアというかメンテというか

      どんどんしなくなって来ちゃっているかもしれません。

       

      少し前の事ですが

      最初はちょっと近所までお散歩、のつもりで出かけて

      そのまま

      「そういえばこの辺だよね?この前テレビでやってた貝料理専門店?」と思い出して

      貝料理を食べ、

      「そういえば今日花園神社で一の酉の前夜祭だよね?」と思い出して

      そのまま新宿へ行ってしまいました。

       

      「さあ、新宿へ出掛けるのでそれなりの服装をしなくちゃ」的な気負いが全くなく

      ほんとうに近所へ散歩に行くテンションのまま新宿まで出てしまい

      人出の多さと周囲の熱気に気圧されてしまいました。

      でもしっかりと縁日を楽しんで帰って来ましたよ。

       

       

       

       

      関西でいう戎さん的な立ち位置なのかな?と思いました。

      関西の戎さんは1月ですがね。

       

      熊手を模した飾りがたくさん販売されていて

      購入したお客さんには商売繁盛を願ってみんなで一本締めをしていましたよ。

       

      歳をとって気負いがなくなったせいか

      自由気ままにあちこちフラフラ出歩いて

      意外な面白いものに出会えたりするのはちょっとイイかもと思いましたよ。

       

       

      先日事務所の近所のクリニックで貰ったお薬がとても良く効くので

      真面目にきちんきちんと飲んでいましたら

      だんだん胃が痛くなって来ましいたよ。

       

      胃が弱いのは昔からですが

      困ったものですね。

       

       


      Instagram

      死亡しておりました

      2017.12.18 Monday

      0

        実は先週からなんだか内臓が痛くて

        いつもこの症状がでたら疲れが溜まっているサインなので

        その後間も無く体調を崩すことが多いのですが

        案の定木曜日の朝目が覚めたら喉が痛くなっていて

        市販の風邪薬を飲んでやり過ごそうと思ったのですが

        どうにもこうにも総合感冒薬では間に合わず

        しかたがないのでお医者さんが処方してくれる

        真面目かつ立派なお薬を呑もうと決意して

        事務所の並びの医療ビルに最近オープンした内科クリニックへ行って来た

        Wildberry店主小川です。

         

        北国出身だからって冬を甘く見ちゃいけませんね。

        皆さんも風邪には気をつけてくださいね。

         

        事務所の並びの医療ビルには

        以前別の内科クリニックが入っていたのですが、

        オープンしてます1年ぐらいで無くなってしまったんです。

        病院がつぶれる時代なんですね、いまは。

         

        で、しばらくの間困っていたのですが、

        最近新しい内科クリニックがオープンしたみたいです。

        何でも日本初の頭痛外来を立ち上げたスタッフの一員らしくて

        何だか有名な大学病院に在籍していた人が独立してクリニックをオープンしたみたいです。

         

        あいにく私は頭痛持ちじゃないので

        あんまり恩恵には預かれそうに無いのですが

        でも、処方してくれたらお薬はなんだか初めて見るものなのですが

        えらく効きがよくて

        土日で概ね咽の症状は改善しましたよ。

         

         

        今日は珍しくスカートで出勤して来ましたよ。

        本当はスカート、もっと欲しいなあと最近思っているのです。

        スカートに向く生地、捜したいなあ。

         

         

        ダウンコートが、8部袖なので院に来たセーターが丸見えですね。

        でも、アームウォーマーみたいで良いかななんて思っちゃったりします。

         

         

        このセーターも、高円寺で買いましたよ。

        今日事務所の近所で偶然元居候君に会ったのですが

        「それ、ひょっとして高円寺で買った?」と聞かれましたよ。

         

        いつも私のブログをチェックしてはわたしの動向や興味の対象をリサーチしているみたいですね。

        本人いわく小川教信者だそうです(笑)

        近くから遠くまで、いろんなところに信者がいますね。

         

        「かわいいね!いくらだった?」と聞かれて

        買ったときのお値段を教えましたら

        「このセーターが?安っ!!!今度俺も高円寺連れてって!」とな。

         

        見る目さえあれば

        すごくいい品がすごくお手ごろ価格で買えるのが高円寺のいいところですね!

         

         

        今日はとっても寒い日だったのですが

        このセーターのおかげであんまり寒さを感じないで済みましたよ。

         

        なにしろ上にコートを羽織らないで事務所近くをうろちょろしても平気だったぐらいですから。

        心強いです。

         

         

        アメリカのメンズのXLサイズなので

        凄く大きいですね。

        今期はゆったりシルエットがはやっているので

        今年に限ってはこのぶかぶか具合が可愛いかもしれませんね。

        ものが気にいっているので多分ずっと気にいって着ると思いますが。

         

         

        今風に前裾をウエストにインしたら動きがでていいかな?

         

        ちなみに今日の私は

        だんごがまた宇宙と更新しているみたいですね。

        アンテナがしっかり立っちゃっていますよ。

        団子だけ独立しちゃったら困りますね。

        そしたらただのおでこ星人になってしまいますね。


        Instagram

        カジュアルは難しい

        2017.12.14 Thursday

        0

           

          最近

          着る服の組み合わせというか色合いが固定してきつつある

          Wildberry店主オガワです。

          皆さまお風邪などひいていませんか?

           

           

          最近高円寺がえらく気に入ってしまい、

          暇を見つけてはチョコチョコと足を運ぶようになっています。

           

          お店によって取り揃えているお洋服の系統や特色が違い、それも面白いです。

           

          着ているセーターも高円寺で買ったもの。

          アメリカのレディースのSサイスです。

          サックスブルーとグレーの毛糸を引き揃えてローゲージでザックリと編んであります。

          ウール100%なのにそんなに肌にチクチクしないし

          空気を含んでとっても暖かいです。

          こんないいニットがとてもお値打ち価格で購入できちゃってホクホクです。

           

           

          裾をウエストにインすればもう今時の感じになってしまっている。

          ボトムに合わせたのは布帛テパードパンツです。

           

          古着はほとんどのものが一点もので

          誰とも被らないので、

          個性的なファッションを好む人がよく取り入れているのだろうなと思います。

          高円寺で歩いている人、

          高円寺に住んでいる人って

          個性的なファッションの人多いです。

          「今の流行りに乗らない、自分のスタイルを貫く人」っていうのかな。

           

           

          身幅の広さも今年っぽいし、

          ちょっと袖が長い所は私好みなので

          このニットに出会えてよかったです。

           

          先日の記事でも触れたとおり、

          もう既に若いとは言えないお年頃の私ぐらいの年齢の人は

          お洋服の組み合わせ方にも注意が必要だなと思います。

           

          わたしは元々メンズカジュアルが得意なので

          高円寺に行ってもメンズカジュアルっぽいお店ばかりを選んで入ります。

           

          でも女性がメンズテイストのお洋服を着る時、

          女性らしさが失われてただの男女になってしまう危険性があります(笑)。

           

          アメリカのメンズ服って

          肩がたくましいアメリカ人男性に合うように、

          逆三角形のラインになっているものが多いせいでしょうね。

           

          高円寺のみならず、古着屋さん全般にいえると思うのですが

          レディース向けの古着って癖が強くて派手な色柄デザインのお洋服がとても多いです。

           

          レトロでクラッシックな色柄の物も多く、

          乙女心をくすぐられるのもとてもよく分かるのですが、

          もう張りがなくてくすみが目立ち、色艶の悪くなったお肌を持つ我々世代の女がそれを着用すると

          「レトロな雰囲気の古着を可愛く着こなすオシャレな人」ではなくて

          「時代遅れの服をいつまでも着ているただのくたびれたおばさん」

          になってしまう可能性が高いかな〜と思います。

           

          余計なお世話ですね。

           

          私も若いころはバービー人形みたいな風に

          古着のサックスブルーのミニワンピースに

          白いヒールブーツを合わせてウロチョロしていたこともありましたよ

          そう言えば。

           

           

           

          迷彩柄のトートバッグは既製品として近々ご紹介します。

          仕入れました。

           

           

           

           

          そう言えば

          テキスタイルメーカーの営業補佐をしていた頃、

          たくさんのアパレルブランドのデザイナーさんや生産担当者さん、

          OEMメーカーの営業さんと会い、実際にお話しする機会が沢山有りました。

           

          ある日、はじめてお会いしたブランドさんは、

          メンズブランドなのにデザイナーさんは女性でした。

          とても華奢で繊細なイメージのその女性はシンプルだけど上質で女らしいお洋服を着ていました。

          ダッフルコートに

          黒のニット、

          デニムのスカートと

          基本カジュアルで組み合わせているのに、

          気おくれするぐらいに上品に見えました。

           

          その人と一緒に着ていた営業男性は3人いたのですが

          二人はスーツにネクタイでした。

          ひとりはビンテージだと思われるロゴトレーナーを着ていました。

          アパレル業界なので、服装は基本自由だし、

          当時私が在籍していた会社はビンテージ風カジュアルが得意なテキスタイルメーカーだったので

          その格好自体が別におかしいという事もないし非常識なんていうこともありません。

           

          無いはずなのですが

          何故かなんとなく違和感を覚えました。

           

          たぶん顔の雰囲気と服の雰囲気にズレがあったのではないかと思います。

           

          その営業男性、

          デザイナーの女性に

          「親戚の葬式に親に連れられてきた小学生みたい。いひひ」と言われていました。

          ああ、言い得て妙だなと私も思いました。

           

          とても若いうちは

          カジュアルなお洋服が似合うし

          何も疑問も感じずに好きな様にカジュアルを着て良いんだと思います。

          似合うので。

           

          でも、大人になったら

          カジュアルは逆に難しくなるみたいです。

          下手すると必要以上に子供っぽく見えちゃったりします。

          大人らしくカジュアルを着るって

          じつは至難の技なんじゃないかなと思います。

           

          それでもカジュアルが好きだし

          それしか知らないから

          これからもカジュアルを着続けるんじゃないかなと思いますがね。

           

          逆に今から上質なフォーマルっぽい服装をしようとするほうが私にとっては至難の業だと思うので。


          Instagram

          <<back|<91011121314
          ▲このページの先頭へ