奴らの足音のブルース

2020.07.28 Tuesday

0

     

    白い壁に白いトップスで同化してしまっていますね。

    今日はいつかの白リネンで作った女子 布帛T

    いつかの綿麻デニムで作ったキュロットのロングバージョンを着用して来ましたよ。

     

    最近蒸し暑さがすごくて、

    移動中はマスクをしているので

    帽子もかぶったら熱がこもって具合悪くなってしまうので、

    大好きな帽子もかぶって来ていません。

     

    ここ数年、ほとんど洋服の入れ替えがないので、

    いつ着画を撮っても「どっかでみたことがあるような組み合わせ」になってしまっていますね。

    面白味がなくてスミマセン。。。

     

    最近自分の身なりにはあんまり構わなくなってきてしまっている上に

    今日は壁の一部になってしまっているWildberry店主オガワですよ。

    皆さんこんにちは。

     

    くまちゃんに飲ませ始めたお薬が劇的に効いて来ているようで、

    目の輝きが戻って来ていますよ。

     

    今朝なんか、外の鳥の声とかお隣のワンチャンの声に呼応してワンワン大騒ぎしていました。

    吠えることができるほど元気になって来たっていうことですね。

     

    でもまだ本調子じゃない(当たり前だ)みたいで、

    概ね大人しく寝ていますよ。

     

    でも元気になりつつある姿を確認できているので、

    相変わらず慢性的な寝不足ですが

    気持ちに張りが出ますね。

     

     

    もうすぐ月末ですね。

    いつも月末近くなると

    事務所の並びの信金の営業さんが積み立ての集金に来てくれます。

     

    今日、その営業さんが

    「実はお話ししなければならないことがあります。」

    と神妙な顔をして話し出しました。

     

    信金は営業さんの移動が多いので、

    今回もその移動&引き継ぎの話かな?

    と思っていましたら何と

     

    「実は当信金で、新型コロナ感染者が出てしまいました。。。」

    と。

     

    ギョギョ〜っ!!

     

    とうとう近くまで来ましたか。。。

     

    しかも足音ひとつ立てずに。

    そしてある日突然混乱を引き起こすんですね。

     

    感染なさったのは一般の営業さんではなく、

    融資担当の人らしいので

    営業さん達に濃厚接触者はいないらしいのですが、

    保健所の指導のもと、信金の全フロアの消毒作業をして

    営業を再開したそうです。

     

    その営業さん、

    「実はすぐ近所の小学校でも感染者が出たらしいです。。。」

    と。

     

    ああ、新型コロナウイルスは本当にひたひたと近くまでやって来ているんだなあ。

     

    彼らは

    姿も見えないし物音も立てないし気配もないので

    自分のすぐ近くにいてもまず気づくことができないですよね。

     

     

     

    少し前に事務所に遊びに来てくれた居候と話していた時の話題です。

     

    居候はめちゃくちゃ霊感が強いので、

    生きていない人の姿もバッチリ見えたりするみたいです。

     

    私は見えませんが、気配は感じるし、ごく時々チラッと見えることもあります。

     

    で、自分で「霊感が強い人」だと言っている人でも実際に「その存在」が自分の近くにいても全然気づかない人がとてもたくさんいるのだそうです。

     

    それ、本当に「自称」なんじゃない?

     

     

    私はどうも的確に察知しているらしいです。

    理由もなくふと「気になって」目を向けたときは大概「そこに居る」のだそうです。

    なので、よく

    「オガワさん、本当はちゃんと見えてるでしょ?」

    と言われます。

     

    「いや、見えてないし!」

    と慌てて否定するのですがね。

    でも霊感が強いのは間違いないみたいです。

     

    何しろ居候が私に話しかけた最初の言葉が

    「小川さんって、霊感強いでしょ。」

    だったので。

     

    商談の途中に藪から棒にそんなこと言われて

    びっくりしましたよ(笑)。

     

     

     

    余談でした。

     

    で、

    先日事務所に遊びに来てくれた居候と

    お互いの近況報告や仕事の愚痴や泣き言(特にコロナ関連)を言い合ったりしてお互いの傷を舐め合っていた(笑)とき、

     

    「いやみんな幽霊が怖いとかいうけどさ、

    俺、幽霊見えるから、びっくりはするけどそんなに怖くはないんだよね。

    何より怖いのは存在感も姿も気配も見えないコロナウイルスじゃないかと思うんだよね。」

     

    と。

     

    ああ、同感です。

     

    気配も足音もなく、

    でも確実に私たちのそばまで近づいてくる「それ」は

    本当に怖いなあ、と思います。

     

    もちろんヒステリックになってはいけないと思いますが、

    でもだからといって

    「あんまり実感が湧かないなあ」とぼんやりしていてはいけないよね、

    と改めて思いましたよ。

     

    時々、

    「新型コロナウイルスなんてただの風邪だ」

    みたいなことを公の場で発言する人がいますが、

    まだどんな性質を持ったウイルスなのか解明されていないので

    ちゃんと恐れないといけないなあと思いましたよ。

     

    こんな大変な状況の中で

    WHOも未曾有の緊急事態であると発表したにもかかわらず

    どっかの日本の首相は

    緊急事態宣言を再発令することなく

    さらなるGo toキャンペーンを続ける方針だったり

    新たなる予算を何処かから捻出して

    あまりにも不評で実際に使っている人をほどんど見かけない

    小さすぎるガーゼマスクを

    さらに8000万枚発注したらしいですね。

     

    高円寺でも

    あべのますくを回収してくれている場所があるのですが、

    回収ボックス、パンッパンで中からマスクが溢れていましたよ。

     

    何かが噛み合っていませんよね。

     

    いろんなことが。

     

    我々が一生懸命お仕事をして一生懸命納めた税金は

    もうちょっと有用なことに使っていただきたいなあと思いますよ。

     

    なんなら政治家も日本国民の平均年収で働いて頂きたいものです。

    本当に。


    Instagram