怖い怖い‼

2020.05.23 Saturday

0

    Facebookのアカウントを削除しました。

     

    アカウントを乗っ取られたみたいで

    投稿した覚えのない記事が上がっていて、

    それに対してすごくたくさんの人からイイねが来て

     

    しかも数時間のうちに身に覚えのない引き落としが数万円分ぐらい、

    数千円ごとなんですがこまめに数回Facebook名義で行われていて

     

    「あ、これアカウントの乗っ取りだ。」と思って汗をかきながら急いでパスワード変更して

    さらにアカウント削除しました。

     

    ビジネスアカウントを設定していたんで、

    広告を打つ場合のためにカード情報を登録していたんです。

     

    ただ、

    登録していたのがデビットカードだったので

    引き落としが発生するたびにメールでお知らせが来るので

    早い段階で気付いたんですが、

    これがクレジットカードだったら

    全然気付くことなかっただろうなあと思うとゾッとします。

     

    ちなみに、中国からのアクセスだったみたいです。

    身に覚えのないクレジットカード情報が今日の日付で新たに登録されていました。

    このクレジットカード情報が元々登録していたカード情報からお金を吸い出す媒体的な役割を担っていたんだろうなと思いました。

    (詳しくはわからないけど、多分そんな感じなんじゃないかなと思います)

     

    SNS全盛

    キャッシュレス決済全盛の世の中ですが

    データ上だけの自分の財産という感じになってくると

    データ上の財産を狙ったハッキング犯罪が増えるんだろうな〜と思いました。

     

    メジャーなペイメントは多分たくさんのハッキングを受けているんだろうなと思います。

     

    最近はどうかあんまりわかりませんが

    Yahoo paymentとか楽天ペイとかは過去に何度かハッキングの被害にあって、

    お客さんのクレジットカードから不正にお金が流出しましたよね。

     

    カード会社の補償でお客さん自身には損害は及ばなかったみたいですが、

    その分カード会社が被ってくれたってだけで、

    実は誰かが痛い思いをしているんですよね。

     

    今は全世界的にも経済が停滞していて、

    みんなが困っている状況です。

    でも、

    だからって他人から搾取して良いという言い訳にはなりません。

     

    少し前に

    キャッシュレス決済を政府が推奨し始めた頃

    お姉さんが

    「なんか信用できないのよね〜。なんとなく胡散臭くて乗り気になれない。

    レジでモタついて周りのお客さんにイラつかれたとしても、

    現金主義を通したいなあ〜」

    と言っていました。

     

    お姉さんは本当に賢い他人だよなあ〜と

    自分自身が搾取された今改めて思います。

     

    いや、

    前からお姉さんの影響を受けて

    私もキャッシュレス決済は一切導入していないんですがね(笑)

    デビットカードも最低限しかお金入れてないし、

    クレジットカードも上限設定最低限金額に設定してるし。

     

    Facebookのパスワード変更したらそのすぐ後でまたパスワード変更の申請が入ったらしく、

    セキュリティーコードのお知らせが来ました。

     

    アカウント削除設定してからは設定してあったデビットカードの引き落としのお知らせは来ていません。

     

    便利な世の中だけど、

    それを維持するために色々なセキュリティも頑丈になっているけど、

    それをしのぐ技術でそれをかいくぐって悪いことしようとする人も悲しいけど存在している事は事実なんですよね。

     

    最近若干キャッシュレス決済に気持ちが揺らぎ始めていたけど、

    実体験から

    私がお姉さんの価値観に完全に戻りました。

     

    ハイテクな世の中だけど

    ネットショップなんかやってるけど(笑)

     

    私は

    アナログに一票!

     

     

     

     


    Instagram