サンプル2本

2019.01.11 Friday

0

     

    昨日の記事でも話題に出ました

    新しいのに新しく見えない新パターン

    昨日のパターンのままの状態でサンプルを縫ってみました。

     

    実は昨夜のうちにもう少しだけ渡幅をスリムにしたバージョンのパターンも引き

    生地の裁断まで済ませてから帰っていました。

     

    今日は出勤してきたらすぐに縫製に取り掛かりましたよ。

     

    これは去年?一昨年?にご紹介した綿麻のセルビッヂデニムです。

    6オンスだったかな?

    リネンの落ち感と6オンスの柔らかさで収まりが良くなっていますね。

     

     

    後ろ姿。

     

     

     

    サイド。

    渡幅の広さがよくわかりますね。

    ボワーンと提灯感満点です。

     

    なんでまた似たようなパターンを起こしたの?

    って疑問に思われちゃうかもしれませんね〜。

     

    でもね、私の中ではこだわりがあるんです。

     

     

    これは渡幅を5cmほどスリムにしたものです。

    使用生地は10oz綿麻デニム

    同じ生地で作った服、いっぱい持っているのにまたこれで作る。

    好きな生地なので、ついつい。

     

    これは水通しをする時間がもったいなかったので

    生デニムで作っちゃいました。

    パリッパリの硬い生地だから、パターンのシルエットがダイレクトに出ますね。

     

     

    後ろ姿。

     

    仁王立ち。

     

     

    サイド。

     

    渡幅5cmということはぐるりで10cmスリムになっていますね。

    収まりがいいような気がします。

     

    というわけでこちらを採用することにしましたよ。

     

    こだわったというか、欲しかったのはこの中途半端なすそ幅。

    グルグルと3回転ぐらい折り返すとその場で止まってくれて、

    しかもふくらはぎや足首にもまだまだ余裕がある

    この裾幅が欲しかったんです。

     

    なので、太いバージョンも少しだけスリムなバージョンも同じ裾幅です。

     

    Wildberryのボトムは軒並みウエスト(=ヒップ)100cmで統一していましたが

    今回は110cmで設定してみましたよ。

     

    出勤してすぐに

    ミシンの針を16番の太穴に変えて、ボビンに20番の下糸を巻き巻きすること4本。

    どちらの生地も同じ焦げ茶色の糸で縫いましたよ。

     

    最近全然縫製をやっていなかったので

    久しぶりに爆縫いできてテンションが上がっちゃいましたよ。

     

    サンプル縫製は立派なお仕事のはずなのに、

    縫製が好きすぎるあまり

    なんだかこんな楽しいことを仕事時間中に堂々とやっちゃって

    なんだかスミマセン。という気持ちになりましたよ。

     

    悪いことしてるわけじゃないのにね(笑)

     

    久々の縫製は今年初めての縫製でした。

    ああ、幸せだ。


    Instagram

    コメント
    コメントする