感慨深く振り返りますよ

2018.10.10 Wednesday

0

     

    子供用のおせんべいを食べながら小銭を数えているこの小さな女の子は

    Wildberry店主オガワの娘のマナです。

     

    私のお財布に入っていた小銭を

    とっとこハム太郎の仲間、こうしくんの貯金箱に一枚一枚入れている最中の写真です。

    私が父親から譲り受けた一眼レフのフィルムカメラで撮影しましたよ。

    随分昔から写真は好きでした。

     

    被っているベレー帽は

    私が作ってあげたもの。

    帽子のてっぺんの部分は肌色のフエルトで、アンパンマンの顔になっています。

    いろんな人が「かわいいお帽子だねえ」と声をかけてくれましたよ。

     

    このころはまだ小物ぐらいしか作ってなかったようですね。

     

     

    1歳8ヶ月の時に生まれて初めてディズニーランドへ遊びに行きましたよ。

    風が強くてミニーちゃんの風船がちぎれそうだったけど、

    しっかりと持っていてとっても嬉しそうでしたよ。

    結局ミニーちゃんは強風のせいでちぎれて飛んで行ってしまいましたよ。

     

    当時は札幌に住んでいて、

    飛行機には持ち込めなかったので、

    あの時ちぎれてくれてよかったなと思いましたよ。

    札幌に帰ってから、トイザらスでミニーちゃんのヘリウムバルーンを買ってあげましたよ。

     

    この時に着ている服は私が作ってあげました。

    トリプルガーゼのスモックワンピースと

    8ozデニムのチャイナジャケット。

    当時流行っていたのにならって

    バイアスを小花柄のシーチングで施していますね。

     

    道ゆく若いお姉ちゃんたちに、「あの子の服かわいい!」と褒められていましたよ。

    トリプルガーゼのふわふわの質感と無地で渋目の組み合わせが

    当時の一般的な子供服ではなかなか見ない感じで、ちょっと人目を引いたみたいです。

     

     

     

    ディズニーランド滞在中はずっと眉間にしわを寄せていたので、

    楽しくないのかな?と思っていたのですが、

    どうも刺激が強すぎてそれに適応するのに難儀していたようです。

    幼児らしい反応ですね。

     

    帰って来てからしきりに「ディズニーランド楽しかったね。また行きたいね。」と言っていましたよ。

    写真は当時東京に住んでいた友人の旦那さんが撮ってくれて、

    滞在させてもらった上に、帰る日までに写真を出力してもたせてくれましたよ。

    優しくて気がきくいい男ですね。

    彼は今ふるさとの福岡県で会社経営者として日本中を駆け回って大活躍していますよ。

    今も仲良くしています。

     

    この半年後ぐらいにWildberryを立ち上げたのですが、

    実は初めは子供服を作って販売していたのですよ。

    自分が可愛いと思う生地を仕入れて、子供服を縫って販売し始めました。

    「子供服といえばやっぱりニット生地でしょう」ということで

    当時手芸屋さんや生地屋さんなどの店頭ではなかなか手に入らなかったニット生地を

    取り扱っている業者さんをネットで探し、仕入れては縫って販売していました。

     

    お店の立ち上がりからなかなかの好評をいただいていて、

    新しいお洋服をアップしたら、ほとんどすぐに売り切れて、

    「売れないなあ。」とか「どうしたら売れるようになるのかなあ。」とか思った経験がありませんでしたよ。

    ありがたいし恵まれていましたね。

    当時から女の子の服よりも男の子の服の方が好評をいただいていましたよ。

     

    そのまま子供服販売に邁進しようかな?と思っていたのですが

    始めて一年近く経ったころ

    娘のマナがもともとアトピー持ちだったのが喘息を発症してしまいまして、

    看病や通院が忙しくなってしまい、お洋服を縫う時間がなくなってしまいました。

    縫おうと思って仕入れていた生地はなかなかの量があったので、

    じゃあ生地をそのまま販売してみようかな?と思い

    Wildberry立ち上げ一周年の記念日に生地販売を始めました。

     

    そうしたらアレヨアレヨというまにどんどん顧客様が増えていきまして、

    「ああ忙しい、ああ忙しい。」と言っている間に今に至ったという感じです。

     

    家事と子育てと仕事を三つバランスよく行うのは大変といえば大変でしたが、

    私は子育ては結構得意な方だったみたいで、

    育児でイライラしたり煮詰まったりストレスを感じたことはほとんどありませんでした。

    多分、常に自分の好きなことをしていたから、鷹揚になれたんだと思います。

     

    あとは、自分の子供とはいえ、独立した一個の人格なのだから、

    自分の所有物のように思い通りに操縦しようとはするまいと常に思っていました。

     

    なので、接するときはああしなさい、こうしなさい、ではなくて

    「私はこう思うよ。」というふうに言葉遣いにも気をつけていました。

     

    ただ子供が可愛くて可愛くて仕方がなかったことはよく覚えていますよ。

    ああ、ただの親バカですね(笑)。

     

    まあ、私なんてそんなもんです(笑)

     

    ところで、本日無事にお店を再開させていただきましたよ。

    新しい商品も少しだけですがアップしていますので、

    よかったら覗いてやってもらえると嬉しいです。

     

    10/12(金)は術後外来があるので、出荷をお休みさせて頂きますね。

    入院中に貧血やら低血圧やらが見つかり、そこもちゃんと検査しましょうという話になったみたいなので

    ちょっと時間がかかっちゃいそうです。

    血液の成分のバランスが普通の人とはちょっと違うらしく

    いつも健康診断などでは「貧血」で引っかかっていて、

    昔から貧血と低血圧はお友達なので、気にしていなかったのですがね。

    せっかくなのでちゃんと診てもらおうかなと思いますよ。

     

    そんなわけで、Wildberry、ゆるーい感じで再始動ですよ。

    これからもどうぞよろしくお願いします〜。


    Instagram

    コメント
    子供の成長を見ると目頭が熱くなりますね。よそのお子様でも。
    頼りがいのある娘さんで幸せですね。ママの背中を見ていたからでしょう。
    これからますます健康第一で頑張ってくださいね。
    • by ふぁな
    • 2018/10/13 2:53 PM
    コメントする