ご紹介しております!

2017.09.26 Tuesday

0

     

    60/2スーピマ天竺 ロッソ

    ご紹介しております!

    新鮮な血の赤です。

    秋冬にポイントカラーとして重宝してくれそうですね。

     

    早速変哲Tを縫って見たのですが

    普段絶望色の服ばかりしか着ていないものだから

    赤を着た自分の顔が見慣れなさ過ぎて

    自分で違和感があり過ぎて絶望しそうになりましたよ。

     

     

     

    そんな絶望のWildberry店主小川は

    今日は60/2スーピマ天竺 黒で作ったTブラウスを着て来ましたよ。

    ボトムはグレー杢チノクロスで作ったエッグパンツです。

     

    昨日はバルーンパンツが好きだと言ったくせに

    今日はエッグパンツが好きだと言っちゃいますけどいいですか?

    エッグパンツは、動くと美しいんです。

    また手前味噌ですね。

     

    でも、大股でズンドコ歩く自分の姿がビルのウインドウに映っているのを見たときに、

    「ドレープが綺麗に動きに沿ってるな」と思った次第です。

    マニアックですね。

    設計者的視点です。

    建築ばたけ出身なもので(笑)。

     

     

     

    昨日助っ人のお姉さんとも話していたのですが、

    この季節の変わり目に

    新しい靴を新調しようかなと考えているのですが、

    自分好みの靴を売っているお店って

    どこに行ったらあるんだろう?と

    最近軽く悩み事のようになって来ています。

     

    靴は履いて見ないとわからないので

    できるだけ実店舗で試着してから購入したいのですが

    いかんせん最近の私は忙し過ぎて

    いや、

    出無精すぎて?

    仕事と家の往復以外にどこかへ出かけるということがほぼなくなって来てしまいました。

    せっかく中央線で通勤しているんだから

    途中で降りてリサーチでもすればいいのにね〜。

     

    もっと気持ちに余裕を持たないといけない感じですかね。

    恵比寿とか中目とかなんかそういうオシャレタウンに行って物色しないといけませんかね。

    最近全然行っていないので、行くだけで疲労しそうです。

    「どや、オシャレやろ」みたいな雰囲気を感じると萎縮してしまいますねえ。

    歳ですねえ。

    若い頃はそういうことにワクワクしていたような気がします。

     

    歩きやすくて

    多少の雨でもへっちゃらで

    でもできれば革がいいなあ。

    で、経年とともに革が育つような

    そんな靴がいいんだけどなあ〜。

     

    形の具体的なイメージがまだ固まっていないので

    ネットっで靴を色々検索しながら通勤しているのですが

    なかなかビビッと来る靴に出会えません。

     

    数年前に買ったSAYAのサボも

    かかとが傷んで来てそろそろご苦労さんしてほしそうな風貌になって来ているしなあ。

    酷使しすぎですね。

     

     

    しばらくは

    靴難民になりそうです。

     

    これダァ〜と叫びたくなるような靴に出会ったら

    またみなさんにも見せびらかしご紹介しますね。


    Instagram

    チラッとね

    2017.09.25 Monday

    0

       

      おでこ星人は

      後ろの髪の毛を団子状にまとめてみました。

      おでこ団子星人です。

      どうもみなさんこんにちは。

      お元気ですか?

       

      今日は

      いつかのスラブ天竺で作った女子TのVネックバージョン

      いつかのインディゴセミガーゼで作ったガウンコート

      それにいつかのデニムで作ったバルーンパンツを着用してきましたよ。

       

      もともとそっけない顔がですね

      おでこ全開にすることでますます薄味になってしまい

      目立つのはおでこのみとなってしまい

      洋服の組み合わせに対する自意識が極限近くまで希薄になってきているようです。

       

      なんとな〜く

      さら〜っと

      楽そうな服を選ぶようになってきているような気がいたします。

       

      いいのか小川?

       

       

       

       

      多分いいんです。

      着ていて気持ちがいいから。

       

      ちなみにバルーンパンツ、リリースしてかなり経ちますが今もかなり好きです。

      着用頻度、たかしです。

       

       

       

      相変わらず助っ人のお姉さんとは和気藹々と楽しくお仕事をしているのですが、

      最近はちょっと出荷が立て込み過ぎていて

      作業の後半にはぐったり疲れきってしまうような日々が続いていました。

      でも、

      今日は久しぶりに少し余裕のある仕事内容でしたので、

      先日入荷はしていたけど一点だけアップできずにいた天竺生地の撮影と

      サンプル縫いができました。

       

      自然光で明日ちゃんとサンプル撮影してから一点だけですが商品に追加しようかなと思っているのですが

      チラ見せしちゃいます。

       

      相変わらず画質があんまりよくなくて魅力的じゃない写真になっちゃっていますが。

       

      60/2スーピマ天竺の赤を仕入れました。

      Wildberry店主小川の大好きな

      血の赤です。

      ブラッディレッド?

      うーん

      ロッソ。かな。

       

      サンプルは無難に変哲Tを作ってみましたよ。

       

      頑なに絶望色の服ばなり着ているオガワが

      こんな情熱的な色を着て

      変な気を起こしてしまわないか心配ですが

      明日、着用画像を撮ってからご紹介しますね。

       

      最近ずっと出荷に追われまくっていてミシンに触っていませんでしたが

      やっぱり縫うのは楽しくていいですね。

      ちょっとした時間をやりくりして

      忙しくてもちょっとずつでいいので

      何か縫いたいなあと思いましたよ。

       

      秋は創作意欲が刺激されますね。

       


      Instagram

      だってフリーランスだし。

      2017.09.22 Friday

      0

         

        どうも。おでこ星人です。

        まだ宇宙に帰っていません。

         

        いつ帰ろうかな〜。

         

        今日はいつかのリネンデニムで作ったサロペットスカートを履いて来ましたよ。

        これは履くなのか?

        それとも着るなのか?

        一応カテゴリーとしてはワンピースなので

        着る

        でしょうかね?

         

        サロペットスカートもデニム

        バッグもデニム

        あ〜なんてこった今日はデニム被りだ!

         

         

         

         

        って、わざとやってるの

        バレてる?(笑)

         

         

         

         

         

        Wildberry店主小川は最近女性ファッション雑誌を見るのがしんどく感じるようになって来ています。

        お仕事だから色々見なきゃいけないんですけどね。

        なんというか、見ると胸が苦しくなるような

        窮屈な気持ちになるような気がするんです。

         

        そんなわけで最近は漫画ばっかり読んでます。

         

        って、これは完全に言い訳ですね。

        雑誌がしんどかろうがしんどくなかろうが

        年中漫画読んでるくせにね。

         

         

         

         

         

        例えば、

        こういう服が今は流行っているから持っておこう。とか

        逆にこういう服は今は流行っていないから着ないでおこう。とか

        私たちはついつい「世間的にこれはありなのか?否か?」という判断基準で物事を考えてしまいがちですよね。

        そこには「自分がそれを好きかどうか?」が入っていないことが多いような気がします。

         

        好きな服だけ着てたら浮いちゃうし。とか

        今の流行に乗り切れてない残念な人と思われるのが嫌。とか

         

        それを着ている自分が喜んでいるかどうかじゃなく

        自分以外の人にどう思われるか、

        自分以外の人の目にどう映るか

        を気にしている場合の方が多いような気がします。

         

        少なくとも最近のファッション雑誌にはそういった文言の記述が多いような気がします。

         

        「若見えメイク」

        「愛されワンピ」

        「あの人いつも素敵ねと言われるコーデ」

        「今年は○二クロのあれを押さえておけば大丈夫」

        「高見えコーデ」

         

        今朝、

        とてもメルヘンちっくな花柄の木綿のフリフリのワンピースに

        白いカーディガンを着て

        リボンのかかった麦わら帽子をかぶり

        レースのあしらわれたカゴバッグを持ったおばあさんを見かけました。

         

        背中が曲がっていて髪の毛が真っ白だったから、結構なお歳なんじゃないかなと思います。

        おばあさんはとても人目を引きました。

        ついつい目を奪われました。

         

         

        でも、

        素敵だなあと思いました。

        だってそのおばあさん

        そのお洋服をとても着慣れている感じで

        とても似合っていました。

         

         

        おばあさんは

        若見えも愛されも高見えも気にしていないように見えました。

        ただ潔く自分を貫いているように見えました。

         

        なんかかっこいいな〜。と思いました。

        可愛らしい服着てるのに、カッコイイ。

         

        私たちは無意識のうちに

        「こうじゃなくちゃいけない」という

        自分以外の誰かが決めた「既成概念」に

        自ら進んで囚われに行っているのかもしれないなあと思いました。

         

        人からどう見られるか

        人からどう思われているか

        気にすることをやめたら

        今より随分と自由になれるんじゃないかな〜と思いました。

         

        そんなことを思いながら駅へ行くと

        朝起きた人身事故の影響でダイヤが大幅に乱れていて

        駅にも電車にも入りきらないぐらいの人でごった返していました。

         

        しばらく待ってやっと来た電車に乗ったら

        息ができないぐらいにぎゅうぎゅうになってしまい

        このままの姿勢で20分もいるのは無理だなと思い

        次の駅で降りて時間をずらして出勤したら

        さほど時間が経っていないにもかかわらずとても空いていて快適に出勤できましたよ。

         

        私は雇われ人ではないので

        出勤時間にこだわって混んだ電車に無理に乗ってしんどい思いをする必要はないよなあ。

        働く時間も、働く場所も

        もっと臨機応変にフレキシブルになろう。

         

         

         

        Wildberry店主小川ことおでこ星人は今日

        そんなことを考えておりましたとさ。

         

         

         

         

         

        いつ宇宙に帰ろうかな〜(笑)。


        Instagram

        12345>|next>>
        ▲このページの先頭へ